お試しSEOの価格について
HOMESEO用語集【か行】

SEO用語集【か行】

外部リンク外部リンクとは、他のホームページやウェブサイト・ウェブページから対象のページに張られたリンクのこと。
外部要因サイトの構造ではなく、その他の検索エンジン最適化のこと。
カウンターページビューやサイトへの訪問者数をカウントするプログラムのこと。
カテゴリグループ分けした区分のこと。
関連ページ検索Googleの特殊な検索方法の一つ。例えば検索語に「related:www.seo.com」と設定すると、www.seo.comに関連するホームページが表示される
キラータイトルタグタイトル表示を強引に上位にする方法のこと。インパクトのある疑問文、緊急性、無料情報などを挿入してクリック率を向上させることをいう。
キャッシュGoogleクローラーが保存している多量のWebページのこと。Googleで 『キャッシュ』リンクをクリックすると、このクロール時点でのページが表示される。キャッシュに保存してある内容がGoogleの検索の対象になっている情報のこと。
強調タグ強調タグとはHTML内で強調させるためのタグのこと。何処の部分が文章の中で強調している部分なのかを指定することができる。
キーワード・ドメイン・ネームドメイン名の中にキーワードの文字列を含ませて上位表示を狙う手法。例えばfirst-seo.jpには「SEO」という文字列が含まれており、英語圏の検索エンジンではこの「SEO」をキーワードに加算するロジックがある。
キーワードフリクエンシー全文検索型データベースにもロボット型検索エンジンが持っているアルゴリズムでそのサイト・ホームページのHTMLドキュメント全体で使っている単語の総数に対し、特定のキーワードがどれくらい含まれているか評価すること。サイト全体とキーワードの関連性を測る指標であり、古くから利用されているSEO技術のひとつであった。しかし、割合が多ければよいということでなく、そのサイトが特定のキーワードで検索した際にマッチしているかどうかが重要となっている。
キーワードプロキシミティー単語ごとの近接度を計算して、検索されたキーフレーズに関連性の高いサイトを評価し、検索結果を出すアルゴリズムのひとつ。Googleではキーワードが複数の単語で検索された場合、ウェブサイト・ホームページにキーワードが接近しているほどPageRankが高くなるといわれているが、一概にそうとはいえない。
キーワードプロミネンスキーワードがサイト上で目立つ場所にあるかどうか見る基準のこと。
キーワードマークアップHTML内でタイトルタグ、メタタグ、紹介文見出しタグ、強調タグ、などを使ってキーワードを強調すること。
クエリーデータベースから、条件を指定したデータを取り出すための命令のこと。
グーグル(Google)インターネットの検索エンジンの一つ。同エンジンを運営する企業の社名でもある。Google社は、1998年9月に当時スタンフォード大学の大学院生であったLarry Page氏とSergey Brin氏によって設立された。元々スタンフォード大学内の研究プロジェクトとして立ち上げられたシステムで、当該Webページへのリンクの多さなど、WWWの構造を利用してページのランク付けを行なうことにより、他社のサーチエンジンよりも有用な結果を出力すると言われている。検索速度や精度、検索結果の豊富さには定評がある。各国語への対応も進んでおり、2000年9月には日本語版のサービスも開始された。
クラスタリングクラスタリングとは、検索エンジンの検索結果ページが一つのサイトで独占されないようにすることをいう。別の意味で使う場合は、複数のコンピュータを相互接続し、他のコンピュータに対して全体で1台のコンピュータであるかのように見せることをいう。
クリックスルーリンクをクリックしてホームページへジャンプする動作のこと。「クリック」そのもの。ちなみに「CTR」は"Click Through Rate"の略で「クリック率」のこと。
クローラーウェブ上の文書や画像などを周期的に取得し、自動的にデータベース化するプログラムである。WUAの一種。「スパイダー」や「ロボット」などとも呼ばれる。
クローリングロボット型検索エンジンがスパイダーと呼ばれるプログラムを動かしてホームページを自動巡回すること。フレッシュ・クロールとメイン・クロールの2種類がある。
検索エンジンインターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるWebサイトのこと。
コスト・パー・クリッククリック単価とも呼ばれる。バナー広告やテキスト広告などのインターネット広告において、ユーザーによる1クリック(誘導先となるWebサイトへの1アクセス)を獲得するために必要なコスト。一般的には、数円~数十円程度。広告を掲載するためにかかったコスト全体を、獲得したクリック数で割ることで算出できる。つまり広告効果が低ければ低いほど、1クリックあたりのコストは高くなる。また、一定のクリック数が達成されるまで掲載を続けるクリック保証型のバナー広告などでは、事前にCPCを把握できることになる。
コンバージョン・レートコンバージョン(conversion)とは「転換」という意味なので直訳すると「転換率」。ステータスが変化するという意味から「成約率」や「達成率」という意訳が適しているかもしれない。例えば、資料請求を目的とするPPC広告の場合、ホームページ訪問者のうち何人が実際に資料を請求したかの割合。200人中10人が資料を請求すれば、コンバージョン・レートは5%。資料請求以外の目的でも、それぞれの目的を達成する割合であり、商品の販売であれば購買率となる。